[MSXソフトウェア検索Tagoo]
新着情報
レビュー 裏技 ユーザ 説明文
最近新たに登録されたレビュー一覧です(5件)。

ソフト名:ハイスト
タイトル:エレベーターは・・・
日付:Fri May 13 23:51:46 2022
書いた人:けけけのけ

エレベーターはキーボードの1.2.3で指定すれば使えます。
(ROMのみ買った人に念のため)


ソフト名:殺しのドレス2
タイトル:世界初、いきなりベッドシーン!
日付:Thu Apr 28 22:24:07 2022
書いた人:MSX4

いきなりベッドシーンから始まる!、って宣伝してましたね。毎回プロローグから始まり、そこからロードする必要があるので、本当に毎回ベッドシーンから始まります(笑)。

当時は結構あった探偵物のアドベンチャーゲームで、アダルトシーンが結構出てきます。シナリオも悪くはないですし、難易度も高くなくサクサク進みます。

しかしイマイチ盛り上がらなかったのは、登場人物の個性があまりなく、魅力が低かったからかなぁ。
オススメ度は★★★☆☆。
ソフト名:バブルボブル
タイトル:FC版よりチラつかない
日付:Tue Apr 5 08:37:22 2022
書いた人:へけ

MSX・FAN1987年11月号のバブルボブルの攻略記事中の画面写真をよく見ると分かるのですが、実はバブルン以外のスプライト(敵、ボーナスフルーツ、泡)って全部スプライト一枚で描画されてるんですよね。
MSX2の拡張スプライト機能のラインごとに色を変えられるアレね。
ぜんちゃんもどらんくもひでごんずもラインの色分けだけで再現するという職人芸。
ドッターの人は頑張ったよ。
お陰でバブルン+スプライト3枚以上が並ぶとチラつきはじめるFC版と違って、MSX2版はバブルン+スプライト6枚まで描画できるのでゲーム中もほぼチラつきません。
画面が泡まみれになりがちなこのゲームでは割と大きなアドバンテージでした。

まあ動作がもっさりしてるのとBGMがヘナヘナなので差し引きでは微差で負けてる感じでしたが(笑)

それはともかくゲーム自体はオリジナルの面白さを程よく再現していて好感触。
元のゲームが超名作なのもあって今でも十分に遊べます。
当時の雑誌の扱いではそれほど注目されてない感じでしたが、MSX2のアクションゲームの中ではおさえておいて損のない1本でしょう。
ソフト名:SUPER DRINKER
タイトル:ロードランナーに似てるのは偶然(本人談)
日付:Sun Apr 3 19:58:17 2022
書いた人:へけ

だそうです(笑)
ちなみに製作者はFC版DQ3の戦闘プログラム担当などで有名な山名学氏。
当時まだ高校生で夏休みのアルバイトで作ったとのこと。
詳しくは同じくDQ3メインプログラマー内藤寛氏のyoutubeチャンネル内の動画で語られています。

https://www.youtube.com/watch?v=2HJ0NctHvvc
ソフト名:管理馬券
タイトル:Incorrect price listed
日付:Sun Mar 13 23:46:49 2022
書いた人:Ed Mello <ed.mello@icloud.com>

According to ASCII's ''Home Computer Catalogue Book'', correct price was 35,000 yen. There was a Microcabin ad with this game in page 231.


戻る