[MSXソフトウェア検索Tagoo]
新着情報
レビュー 裏技 ユーザ 説明文
最近新たに登録されたレビュー一覧です(5件)。

ソフト名:ぎゅわんぶらあ自己中心派
タイトル:昭和のゲームが令和の喧嘩に使用される
日付:Sun Oct 18 14:18:12 2020
書いた人:持杉ドラ夫

コーエーテクモのゲーム(真・三国無双とか戦国無双)が
カプコンの特許を侵害しているとして訴えられた事件、
いまだに最高裁で争われているようですが、
2019年に出た高裁判決をみると、
ほぼぎゅわんぶらあ自己中心派ぎゅわんぶらあ自己中心派2自称!強豪雀士編
組み合わせた時の使い方が取扱説明書以上に詳しく解説されています。
タコ討伐戦の内容だったり、
ROMを引っこ抜いた時の挙動だったり、
MSXマニアも真っ青の解析までしているようです。
おそらく一番詳しい攻略記事ですね。

https://www.courts.go.jp/app/files/hanrei_jp/970/088970_hanrei.pdf

他にも沙羅曼蛇グラディウス2
プロ野球ファミリースタジアムプロ野球ファミリースタジアムホームランコンテスト
ソーサリアン信長の野望武将風雲録とかも言及されています。

要するに、
光栄さん曰く、
「2つ組み合わせるゲームなんて昔からある技術なんだから、特許特許いうんじゃねえよ」
カプコンさん曰く、
「んなこといってねえよ、「所定のキー」だっつってんだろ」
高裁曰く、
「キャラのデータをぎゃん自己2から持ってきているだけなのでカプコンの勝ち、金払え」

だれかMSXに多大なる貢献をした光栄さんを助けてあげてください(もう遅い)

ソフト名:フラッピー
タイトル:全てのキーワード
日付:Mon Oct 12 21:53:11 2020
書いた人:名無し

sTaRT・・・001〜005

YoSId・・・006〜010

@ALKT・・・011〜015

siNad・・・016〜020

SIbaT・・・021〜025

AkAnK・・・026〜030

KoTon・・・031〜035

MatUI・・・036〜040

RumOi・・・041〜045

YaMaG・・・046〜050

aTAsi・・・051〜055

OmoRI・・・056〜060

NiSHI・・・061〜065

Dbsof・・・066〜070

SynJo・・・071〜075

ISIDa・・・076〜080

xFERm・・・081〜085

FlAPy・・・086〜090

ZexAs・・・091〜095

doeNd・・・096〜100
ソフト名:ロマンシア
タイトル:円英智氏の漫画は名作度★★★
日付:Fri Oct 9 00:50:32 2020
書いた人:サイボーグMSX <kawamura@amatsukami.jp>

確かにゲーム的にパズルゲームに近いものがありますが、個人的には謎解きの理不尽さなどからコマンド入力式のアドベンチャーゲームの感じを受けました。ただコマンド入力式のアドベンチャーゲームにはロマンがあったがロマンシアにはロマンがない(笑)

 またPC88版そのままというのも同意ですが、当時のMSXソフトは劣化移植が多かったから、自分はむしろほっとした口です。MSX専用のオリジナルゲームとして企画されたら,もっとマシなアクションゲームになったんだろうけど。

 自分はMSXFANの創刊号の特集記事で何とかクリアしましたが、同号に「MSXでは不可能だと思っていたザナドウ発売決定!」の記事に殺意が湧きました。素直にザナドゥ出してくれよ!

 ただ同時期にコンプティークで連載された、円英智氏の漫画版ははまりましたね。円英智氏は日本のファンタジー漫画家の元祖みたいな方ですが、ご病気で引退してしまったそうで残念でなりません。

 ただ当時のパソコン雑誌に1年間コミカライズが掲載されたことや、当時のパソゲーメーカーでのぶっちぎりのブランドだった日本ファルコムの作品ということで知名度はかなり高いんじゃないでしょうか。

 当時の他機種パソゲーマニアに、伝説の聖戦士アシュギーネ の理不尽難易度のネタを振っても理解してくれないけど、ロマンシアの話題には「ああアレね」と乗ってくれた記憶があります。

 そういった意味で覇邪の封印うっでぃぽこのようにMSXユーザーと他機種ユーザーを繋ぐ架け橋となってくれたタイトルですね。
ソフト名:ドラゴンナイト
タイトル:オープニングがトロくて長い・・・
日付:Wed Oct 7 19:38:27 2020
書いた人:必笑!だんご3兄弟剣

最初にオープニングを見てからゲームに入る・・・のはわかるが、とにかく文字の表示がひらがなとカタカナだけな上に、句読点の位置がおかしく、文の推敲ができていないのか誤字が多い。そして、表示時間が中途半端に長いのでとてもトロく感じる。よって本編を始める前から第一印象がかなり悪くなってしまい、損していると思う。
果たして本気で細部まで手を入れて制作したのかどうか、パッケージの表記が疑問。
ソフト名:ロマンシア
タイトル:蘇るアレな記憶
日付:Tue Oct 6 23:33:56 2020
書いた人:K−2

ロマンシアのレビュー、書いた覚えはあるのに無いなー、と思っていたら、MSX版の方に書いていた。
最近また動かしてみて改めて思ったのは、「これPC88版そのままだよね」と言うこと。
スプライトは全く使ってないし、動きに「間」も「タメ」も無いので爽快感が無い。2段ジャンプがやりづらいのもこのせいだと思う。
音質もなんかトガってる。コナミのゲームと比べるのはフェアじゃないと思いつつ、無機質だ、とか優しさが足りない、とか感じてしまう。まあ、ファルコムのゲームはぽっぷるメイルまで行ってもこんな感じだったけど。
ドラゴンスレーヤJrの名前と、剣が飛ばせちゃったりゲージに剣があったりするから勘違いしてしまうが、基本的に敵を倒してはいけないゲーム。倒していいのはゲーム中、2〜3カ所くらい。
いっそ、攻撃できないゲームだったら良かったのかもしれない。どうせ後半はずっとブタになって戦わないんだから。
これは明確にRPGではないし、アクションゲームとすると、ワンダラーズフロムイースが受けた非難以上のものを覚悟しなければならないだろうし、やっぱパズルゲームにジャンル分けするのが一番良いだろうか。
10個もらえる薬はひとつたりともムダにできないし(体力回復になんか使う分は無い)、MPだってカツカツだ。要所要所の時間制限も厳しいので、無駄な動きをせずに最短距離を、が基本になるが、ここで動きの荒いアクションゲームっぽさが足かせになってきたりする。なんか特にね、画面が上下に動いた時、自分の位置が把握しづらいんだよね。
BGMも、オープニングの曲がカッコよ過ぎるのでギャップがキツい。しかもあんまりシーンにマッチしてる曲がない。後半あの単調で耳に残る曲を延々聴かされるのが特に辛かった。謎も、ヒントとかが有る訳じゃ無く、総当たりで色々試して経験則的にクリアしなければならないので、特に最後の方はきつい。セーブできないし。
ただ、裏ロマンシアだけは、MSX版と違い、セリフもアイテムも大部分書き直してあり、相当気合いの入ったパロディとなっているので是非プレイしてほしい。ここまで労力かけるならもうちっと動きなんかをどうにかして欲しかったけど。
なんかやたら不満ばかり書いてしまったが、あれから30年以上も経つのに、まだ自分の中で納得できていなかったのかなぁ、と感じる次第。



戻る